総本山の考え方 :: Dhammakaya Foundation & Wat Phra Dhammakaya : World Peace through Inner Peace using Meditation Practice 

 

 

総本山の考え方
教理

外界の平和は心の平安より

人間は誰もが自分の安楽、そして社会の平和を求めるでしょう。多くの人々が学歴・財産・地位・名誉があれば幸せになると考えて一生懸命に仕事をしています。しかし、人々の実態を眺めてみると、大学者・大金持ち・国々の指導者達は必ずしも幸せでは無いようです。場合によっては一般の人々よりも悩みが多いかもしれません。そうすると、どうしたら幸せになれるのかという疑問が生じます。ここに幸せへと導くお釈迦様の教えを紹介します。 仏教の教えでは、幸せになるためには確かにある程度の財産なども必要であるが、それらの他に以下の三つの要因が欠かせないものであると言われています。 1.布施:この布施の目的はお互いに助け合い、護り合うことにあります。ただ、物を他人に上げるだけではなく、自分の心から怒りや忌みを追い払い、いつでも素晴らしい気持ちで善意をもって人々に接することもこの布施に含まれます。それは無畏施と呼ばれます。 2.持戒:五戒。つまり不殺生・不偸盗・不邪淫・不妄語・不飲酒は基本の戒律です。戒律を守る目的は自分と他人を傷つけないことにあります。ある人は自分の利益のために他の生き物を殺し、他人の財産を盗み、淫らな行為、嘘をついたりしています。それは長い目で見れば決して幸せにはなれません。その罰はいつか必ず自分に戻ってきます。もし、自分が殺されたり、財産を奪われたり、愛している人が淫らな行為をされたり、騙されたりしたらどんなに苦しむかとよく考える必要があります。他人に同情して行動することも持戒に当たります。酒を飲むことは自分を傷つける持戒に反することです。 3.瞑想:瞑想の目的は心を安定させることです。心が安定すれば自然と清らかになります。安定し、清らかな心を持っていない人は良い事をしようと思っても欲望に負けて悪い事を行なってしまいます。このように瞑想は布施や持戒など善行を仕えるものです。 他人を助けず、他人を護らず、利益があれば他人を傷つけてもかまわないと思い、心が不安定で汚い人は大金持ちであっても、威力があっても決して幸せになりません。しかも、そのような人は社会に不安をもたらします。 反対によく他人と助け合い、護り合い、自粛して正しい生活を送り、安定し清らかな心を持つ人はごく普通の人であっても幸せになります。そして、このような人が多くなれば、その社会は平和になります。 このように布施・持戒・瞑想は修習している人に心の安定をもたらし、同時に社会の平和をもたらします。これは仏教徒に限らず、全人類共通で、普遍的なものです。

ターナヴットー

上座部仏教とは

釈尊在世の教理、思想をセイロン(現・スリランカ)、ビルマ(現・ミャンマー)、タイ、カンボジア、ラオスなど東南アジア方面に忠実に伝わった仏教です。それぞれの国の僧侶は、釈尊が悟りを得た時に行った瞑想を規範として、忠実に従い瞑想を実践しています。また、上座部仏教がパーリ語という一種の古代インド語で書かれた三蔵聖典を使用しているので、パーリ仏教とも言います。大乗仏教では上座部仏教を含め部派仏教全体を指して小乗仏教と呼び、日本もそれを受け継ぎました。しかし「小乗」とは「大乗」に対して「劣った教え」という意味でつけられた蔑称であり、上座部仏教側が自称することはありません。世界中で仏教徒の交流が深まった近代以降には相互尊重の立場から批判が強まり、徐々に使われなくなりました。1950年6月、日本の伝統仏教各派も加盟する世界仏教徒会議(WFB)第一回世界大会がコロンボで開催された際、小乗仏教という呼称を使わないことが決議されました。  
Articles in this category